山形 寒河江「また、たべたい」を届ける小さな農園

山形 果樹農園 青い空
果樹農園 青い空は2008年より山形のうまい農作物に惚れ込んだ中国地方山口県出身の園主と、その男に惚れ込んだ妻とで経営している農家です。
「農業」について何もわからず、スコップ一つも持たずに夫婦で始め、今では家族のような愉快な仲間たちと一緒に楽しく栽培しています。
「また食べたい」
そんな作物をお届けする農園を目指しています。
精一杯向き合っても天候により味が左右される事もあります。その年のベストの味でお届けする為に自分達で味をきき、納得してからお届けしています。
山形 果樹農園 青い空

「樹」と「人」は同じだからヨーグルト農法

山形 果樹農園 青い空
ずっと想っている事があります。
生き物である限り「樹」は「人」と一緒。
樹の健康を第一に考えて栽培しています。
樹が元気=美味しい作物ができるという発想。
樹の力を信じ
時々手助けしながら
樹が一番元気でいられる環境になるように
人はそのサポート役。
「作物の栽培は子育てと一緒」が口ぐせ。
我が家で毎朝食べるように心がけているヨーグルト。
人間の身体に良いものは樹にも良い。
乳と乳酸菌から生まれる微生物を利用し、味覚の向上と病害虫抑制作用を目的として、当園は「ヨーグルト農法」を取り入れ、樹の生育環境の改善を行っています。

農薬よりも安心・安全。
山形 果樹農園 青い空

こだわりには理由がある なんたって土壌づくり

山形 果樹農園 青い空
やっぱり畑にあげる肥料は自然のものが一番。
初年度から変わらない土づくり。
さらに、除草剤は一切使わずに草生栽培を実施。
人の手を極力入れず、畑をより自然に近い環境にします。
草を生やす事で土中の水分が失われにくくなり、雑草に住む虫たちが農作物を脅かす病害虫を守ってくれる効果も期待されます。

"どんじょうをぶっくすな"

土壌を壊すな!!
亡き師匠の言葉。
山形 果樹農園 青い空

私は山形県外から就農した核家族農家です『一年ミスすれば農業廃業!!』

山形 果樹農園 青い空
『一年ミスすれば農業廃業!!』
この精神は就農を始めた頃から、今も変わらず根本にあります。
それにより、一作一作に対して真剣に取り組みます。
『後がないんだ!』と。
リスクを回避する為にやれる事を最大限に実施!!
新規就農するパターンとして大きく分けて、親の元で経営を継ぐパターンと私みたいに道具も畑も何も持たずに、ましてや県外から新規参入するパターンがあります。
親元での就農経営では代々受け継がられている農機具や農地や住居が整っています。
当たり前に農業での生活ができます。
一方で、私のような「県外からの新規参入」の場合はゼロからのスタートではなく、スコップ1つから農機具まで揃えなければならない『マイナスからのスタート』です。
山形 果樹農園 青い空
山形 果樹農園 青い空
農地を借りて栽培する事が可能ですが、最初の頃は地元の人からの信頼と知名度が無い為に好条件の畑を借りるのはほぼ難しいです。
こうした厳しい環境の中でここまで生き残ってきました。
農業はサバイバルです!
その昔私自身がそうであったように、直接農家さんに話しを聞きたい方がいると思います。
実際に行政を通して、年に何度か当園に足を運んで来てくれる方がいます。

これから就農を考えている方、私と同じ様な環境で就農検討中の方にこれまでの経験が何かのお役に立てるのであれば幸いです。是非お気軽に声をかけてください。